弁護士 法律相談 法律問題解決 ‖ 稲井法律事務所(弁護士事務所) ‖東京都千代田区

「トップページ」
「はまゆう」目次へ戻ります 「はまゆう」は当法律事務所の事務所報です。
当ホームページに「はまゆう」より全部または一部抜粋しました。

発行人 稲井孝之法律事務所
〒102-0074東京都千代田区九段南4丁目8番30号アルス市ヶ谷4階401号室
TEL(03)3239-4257 FAX(03)3239-0268


法律相談
親身になって相談にのります
法律相談
問題の核心をつかみます
法律相談
スピーディな解決を
目指します
※個々の事案により、背景事情が異なるため、法律の適用にあたっては十分注意する必要があります。
次前 目次へ戻る 次後
 題 名 発行時期

債務の承継

H3.5

Q こんにちは、今日は亡くなった親父の相続のことで相談したいのですけど。

A どんなことでしょうか。

Q 親父は2カ月前に死亡したのですが、財産といったら自慢の釣り道具位で、借家ですし、保険は800万円位、葬式用にとかけていたのですが、友人から借金が1000万円位あるようなのです。

 相続人は私と兄貴2人だけですが、親父は最後の家賃を5ヵ月分位ためていたらしいのです。
 今回、兄貴が親父の借家に住みたいというのですが、大家さんは滞納家賃を2人に請求してきました。

A わかりました。相続というのは、釣道具のような積極財産だけでなく、債務も含むのですが、金銭債務のような場合は、分割債務になるといわれ、借金の1000万円と滞納家賃はお兄さんと半々で負担するということになります。

Q いや、大変だ。保険金の受取人は兄貴ですし、釣道具も兄貴が貰う話になっているのですが、それでもですか。

A 法律の建前は判例上そうなっています。実際は財産を貰った入が払う例が多いようですし、債務の負担割合も話し合いで決まるという学説も多いようです。

Q 何かこの債務を免れる方法はないでしょうか。

A 相続の開始を知ってから3ヵ月以内に裁判所に対して放棄又は限定承認の手続をすれば免れます。放棄の場合、次に相続人になる人が相続することになり、限定承認は2人で一緒にしなければなりませんが積極財産の範囲で弁済することになります。

Q 放棄や限定承認をすると、兄貴の受取る生命保険も手に入らなくなるのでしょうか。

A お兄さんが受取人になっている保険金は、お兄さんが保険会社から受取るお金で、法律的には相続財産ではありません。従って、放棄や限定承認をしても貰えることになります。

Q いや、これは良いことを聞いた。さっそく兄貴に知らせてあげよう。先生ありがとうございました。


次前 目次へ戻る 次後

法律相談 ご質問・ご相談 ごあいさつ 事業案内 事務所紹介
裁判の流れ 弁護士の料金表 稲井法律事務所報「はまゆう」

トップページ サイトマップ 当ホームページについて リンク

稲井法律事務所 (稲井孝之法律事務所)
東京弁護士会所属 弁護士 稲井孝之(いない たかゆき)
〒102-0074 東京都千代田区九段南4-8-30 アルス市ヶ谷401号室
TEL 03-3239-4257 / FAX 03-3239-0268
http://inailo.la.coocan.jp/
Copyright(C)Inai Law Office 2000-2009 All rights reserved.