弁護士 法律相談 法律問題解決 ‖ 稲井法律事務所(弁護士事務所) ‖東京都千代田区

「トップページ」
「はまゆう」目次へ戻ります 「はまゆう」は当法律事務所の事務所報です。
当ホームページに「はまゆう」より全部または一部抜粋しました。

発行人 稲井孝之法律事務所
〒102-0074東京都千代田区九段南4丁目8番30号アルス市ヶ谷4階401号室
TEL(03)3239-4257 FAX(03)3239-0268


法律相談
親身になって相談にのります
法律相談
問題の核心をつかみます
法律相談
スピーディな解決を
目指します
※個々の事案により、背景事情が異なるため、法律の適用にあたっては十分注意する必要があります。
次前 目次へ戻る 次後
 題 名 発行時期

製造物責任法

H7.1

Q 平成6年6月22日に成立した製造物責任法とはどんな法律ですか。

A 同法1条には、「この法律は、製造物の欠陥により人の生命、身体又は財産に係る被害が生じた場合における損害賠償の責任について定めることにより、被害者の保護を図り、もって国民生活の安定、向上と国民経済の健全な発展に寄与することを目的とする。」とあります。

Q 今までの法律では、そうした損害賠償の請求は出来なかったのですか。

A 従来も民法の不法行為の規定や、直接の契約関係にある場合には契約責任ということで扱われる場合もありました。
しかし、大阪でのテレビ発火責任の判決がいうように、「規格化された工業製品の場合、流通の過程で販売店や小売店が個々の製品の安全性を確認した上で販売されることは通常予定されておらず消費者において個々の製品の安全性の有無を判断すべき知識、技術を有しないので、製品の流通は、製造者が製品を安全なものであるとして流通においたことに対する信頼に支えられている。」のですが、今までの民法では、消費者がメーカーを訴える場合、メーカーの過失を立証しなければならなかったのが、この法律ができたので欠陥と損害に因果関係があれば過失を立証せずに責任を問えるようになったのです。

Q 無過失責任ということでしょうか。

A そうです。しかし、@開発危険の抗弁といって当時の科学水準では欠陥が認識出来なかったとか、A部品・原材料の製造業者の抗弁、つまり部品又は原材料として使用された製造物の欠陥が、他の製造業者の指示に従ったことにより生じ、その欠陥が生じたことに過失がないと立証されれば、責任を負いませんが、その他の場合は、過失の立証を要せず、責任が科せられます。

Q 欠陥にはどんなものがありますか。

A 製造上の欠陥、設計上の欠陥、指示・警告上の欠陥の三つがあり、その欠陥とは、人の期待する安全性が欠けている場合です。指示・警告上の欠陥とは、使用方法につき注意を与える必要がある場合に、それを怠ることです。

Q この法律で被害者を十分救えますか。

A この法律の欠点として、推定規定、つまり欠陥の存在及び欠陥と損害との因果関係についてこれらを推定する旨の規定がないから、情報公開の規定の新設とか、専門家の協力が必要です。また、不動産には適用されないことも問題です。
(この法律は平成7年7月1日から施行されます。)


次前 目次へ戻る 次後

法律相談 ご質問・ご相談 ごあいさつ 事業案内 事務所紹介
裁判の流れ 弁護士の料金表 稲井法律事務所報「はまゆう」

トップページ サイトマップ 当ホームページについて リンク

稲井法律事務所 (稲井孝之法律事務所)
東京弁護士会所属 弁護士 稲井孝之(いない たかゆき)
〒102-0074 東京都千代田区九段南4-8-30 アルス市ヶ谷401号室
TEL 03-3239-4257 / FAX 03-3239-0268
http://inailo.la.coocan.jp/
Copyright(C)Inai Law Office 2000-2009 All rights reserved.