弁護士 法律相談 法律問題解決 ‖ 稲井法律事務所(弁護士事務所) ‖東京都千代田区

「トップページ」
「はまゆう」目次へ戻ります 「はまゆう」は当法律事務所の事務所報です。
当ホームページに「はまゆう」より全部または一部抜粋しました。

発行人 稲井孝之法律事務所
〒102-0074東京都千代田区九段南4丁目8番30号アルス市ヶ谷4階401号室
TEL(03)3239-4257 FAX(03)3239-0268


法律相談
親身になって相談にのります
法律相談
問題の核心をつかみます
法律相談
スピーディな解決を
目指します
※個々の事案により、背景事情が異なるため、法律の適用にあたっては十分注意する必要があります。
次前 目次へ戻る 次後
 題 名 発行時期

債権差押えと第三債務者の供託

H10.7

Q 買掛先が倒産して裁判所から債権差押命令が来ましたが、どういうことですか。

A あなたの会社の買掛先(甲野商事)の債権者(乙野工業)が、買掛先(甲野商事)のあなたの会社に対して有する売掛金等をあなたの会社は買掛先(甲野商事)に支払ってはならない、債権者(乙野工業)へ支払えということです。書類には買掛先は債務者、あなたの会社は第三債務者と記載されます。決してあなたの会社が差押えられたのではなく、買掛先が差押えられたのです。

Q 第三債務者である私の会社としてはどうすべきですか。

A 債権の内容に相違がないか確かめ、逆に相殺できる債権がないか探します。本社だけでなく支店や工場の分もです。

Q 陳述書という用紙が二枚同封されて来ましたが。

A 注意書も入っていますから、それをよく読んで債権のある・なしと支払いの意思のある・なしおよび他からの仮差押・差押・滞納処分のある・なし等を書いて一通を裁判所ヘ一通を債権者へ送ります。

Q 支払いはどうすればよいでしょう。

A (第三債務者であるあなたの会社へではなく)債務者へ債権差押命令が送達されて1週間経過すると確定しますから、債権者は裁判所から送達通知書をもらってあなたの会社へ支払ってくれと連絡して来ます。送達通知書には債務者と第三債務者に送達された日が記載されていますから、それによって確定しているかどうかを確認して下さい。

Q その後執行停止の通知書が裁判所から来ると支払ってはいけないそうですが。

A そうです。その執行停止を取消す通知が来るまでは支払ってはなりません。

Q 債権者に支払うときの注意は。

A 初対面の人に払うのですから送達通知書の他に印鑑証明書と実印を押捺した領収書の持参を求めます。もし弁護士が代理人として受領に来られるなら委任状の他に、弁護士の登録印であることの弁護士会長発行の印鑑証明書の添付を求めます。

Q 銀行へ振り込んでくれと言われたら。

A 電話だけでなく、必ず文書かFAXで依頼させてください。送達通知書の写を送らせることももちろんです。

Q もっと簡便で二重払いの危険のない方法はありませんか。

A それには法務局へ供託することです。執行停止の通知書が来ても供託はできます。

Q どこの法務局でもよいですか。

A いいえ、あなたの債務履行地の法務局です。支局や出張所で受付けるところもありますので、電話で確認してください。

Q 法務局へは支払うべき金額と印鑑を持参すればよいのですか。

A その債務の支払期日までなら元金だけでよいのですが、期日後は遅延損害金を加算した額です。それにあなたの会社の登記簿謄本も必要です。

Q 委任状は必要ですか。

A 代表取締役名で供託するなら不要です。代表取締役印の持出せない会社なら供託書に訂正個所がないように気をつけましょう。社員が代理人として供託するときは委任状を要します。委任状には供託書の内容を全部書いてないといけません。


次前 目次へ戻る 次後

法律相談 ご質問・ご相談 ごあいさつ 事業案内 事務所紹介
裁判の流れ 弁護士の料金表 稲井法律事務所報「はまゆう」

トップページ サイトマップ 当ホームページについて リンク

稲井法律事務所 (稲井孝之法律事務所)
東京弁護士会所属 弁護士 稲井孝之(いない たかゆき)
〒102-0074 東京都千代田区九段南4-8-30 アルス市ヶ谷401号室
TEL 03-3239-4257 / FAX 03-3239-0268
http://inailo.la.coocan.jp/
Copyright(C)Inai Law Office 2000-2009 All rights reserved.