弁護士 法律相談 法律問題解決 ‖ 稲井法律事務所(弁護士事務所) ‖東京都千代田区

「トップページ」
「はまゆう」目次へ戻ります 「はまゆう」は当法律事務所の事務所報です。
当ホームページに「はまゆう」より全部または一部抜粋しました。

発行人 稲井孝之法律事務所
〒102-0074東京都千代田区九段南4丁目8番30号アルス市ヶ谷4階401号室
TEL(03)3239-4257 FAX(03)3239-0268


法律相談
親身になって相談にのります
法律相談
問題の核心をつかみます
法律相談
スピーディな解決を
目指します
※個々の事案により、背景事情が異なるため、法律の適用にあたっては十分注意する必要があります。
次前 目次へ戻る 次後
 題 名 発行時期

継続的供給契約における供給ストップ

H11.1

Q 世の中が不況になってくると、相手方の信用不安で、継続的供給契約が締結されていても、供給をしてもよいのかどうか迷うことがあります。
 供給をストップするのはどの辺が限界点でしょうか。

A 学説では、不安の抗弁権といって、双務契約で反対給付が危ぶまれるようなとき、反対給付の実行ないしは担保提供まで自己の先履行を拒否する権利というものがあります。
 しかし、判例は一般に、不渡や破産申立等買主側に客観的な信用不安があればともかく、売主が一般の情報や興信所の調査などを信用して一方的に買主を警戒して供給をストップし、相手に損害を与えたような場合、買主からの損害賠償の請求を認める傾向にあります。相手が供給ストップの為倒産したり、転売利益を失うことが損害となります。
 逆に、相当期間を置いた予告と、担保の提供ないし取引条件の改訂を求めても相手が拒否した場合、債務不履行責任を負わないと解されています。

Q 具体的にはどうしたら良いのでしょうか。

A 特に次の3点が大切だと思います。
@ 裏書手形の交付の約束だったのに、自社振出の手形に代えて欲しい、と言ったり、財務内容の開示をしなかった相手に供給をストップした場合、債務不履行にならないとした判例もありますが、一般にはストップの予告をすることと、担保の提供を求めることが大事です。
A また基本契約書に「第×条 売主は、買主から注文を受けた場合においても、買主側の信用不安、特に従来の買掛金の未払等のある場合においては、出荷の制限または停止等適宜の措置をとることが出来、買主はこれに異議を述べない。」という条項を入れておけば、急な場合に対応できることになります。
 更に、「買主が従前の支払を遅滞し、又は延期を申出たような場合、売主は、相当な担保の提供を求めることができ、買主がこれに応じないときは、本基本契釣を解除することができる」という条項も有用です。
B こうした法律的な対応と共に、普段取引先によく足を運び、取引先の状況をよく把握しておくことが大切なことになってきます。
 不良債権を作ってしまうと、普段一生懸命努力して積み上げた利益が、一気に 消滅してしまいますので、このことは非常に注意すべきことと考えます。


次前 目次へ戻る 次後

法律相談 ご質問・ご相談 ごあいさつ 事業案内 事務所紹介
裁判の流れ 弁護士の料金表 稲井法律事務所報「はまゆう」

トップページ サイトマップ 当ホームページについて リンク

稲井法律事務所 (稲井孝之法律事務所)
東京弁護士会所属 弁護士 稲井孝之(いない たかゆき)
〒102-0074 東京都千代田区九段南4-8-30 アルス市ヶ谷401号室
TEL 03-3239-4257 / FAX 03-3239-0268
http://inailo.la.coocan.jp/
Copyright(C)Inai Law Office 2000-2009 All rights reserved.