弁護士 法律相談 法律問題解決 ‖ 稲井法律事務所(弁護士事務所) ‖東京都千代田区

「トップページ」
「はまゆう」目次へ戻ります 「はまゆう」は当法律事務所の事務所報です。
当ホームページに「はまゆう」より全部または一部抜粋しました。

発行人 稲井孝之法律事務所
〒102-0074東京都千代田区九段南4丁目8番30号アルス市ヶ谷4階401号室
TEL(03)3239-4257 FAX(03)3239-0268


法律相談
親身になって相談にのります
法律相談
問題の核心をつかみます
法律相談
スピーディな解決を
目指します
※個々の事案により、背景事情が異なるため、法律の適用にあたっては十分注意する必要があります。
次前 目次へ戻る 次後
 題 名 発行時期

遺産分割協議と相続放棄の申述

H14.1

Q 私の父が亡くなったので、兄から遺産分割協議書に実印をおしてくれといわれました。それによると遺産はすべて、母と兄とが相続し、私と妹には何もあげるものは無いというのです。家業は兄が継いで、母は兄が面倒見るから、かわりに私と妹は財産放棄をしてくれというのです。私も妹も異存はないのですが、遺産分割協謹書に実印を押すだけでよいのでしょうか。
 家庭裁判所へ相続放棄の申述もしておいたほうが良いという人もいるのですが。

A 結論からいえば、お父さんの死後3カ月以内に相続放棄申述書を家庭裁判所へ提出して、相続放棄申述受理証明書をもらっておかれるのが安全です。

Q 相続放棄とはどういうことですか。

A 相続放棄とは、あなたの場合でいえば、お父さんが亡くなったことを知った時から3ヵ月以内に、お父さんの財産は資産も負債も一切相続しないと家庭裁判所へ書面で申し出ることです。但し、それまでにお父さんの財産を少しでも処分した場合は認められません。

Q 遺産分割協議書の中で、相続を放棄すると書くだけでは、いけないのですか。

A 相続人の間ではそれだけでもよいのですが、お父さん(被相続人)の債権者に対しては効力が無いのです。だから被相続人の債権者に相続放棄の効果を主張するためには、必ず家庭裁判所へ相続放棄の申述をして、相続放棄申述受理証明書をもらっておくことです。

Q 例えばどのようなときに役立つのですか。

A お父さんが生前誰かの借金の保証人になっていて、お父さんの死後何年もたってから債権者が保証人に請求してきたようなときです。このような場合は、相続放棄申述受理証明書さえ債権者に提出すれば、支払わなくてもすみます。

Q 保証債務の請求を受けてから、相続放棄の申述をするのでもよいのでしょうか。

A 被相続人の死後3ヵ月以内なら、相続放棄の申述は簡単に認められます。しかしそれを過ぎると今度はそのような保証債務の存在を知った日から3ヵ月以内に相続放棄の申述をしなければなりません。申述の遅れた理由について、証拠書類を添えて裁判官を納得させるだけの説明をしなければなりません。これがなかなか難しいことですから、遺産分割協議で何も財産は相続しないと決まったら、すぐに家庭裁判所への相続放棄の申述をしておかれるよう、お勧めします。

Q 被相続人の死後何年もたってから相続人に請求される例は、他にもありますか。

A 例えば、自分の親が先に死亡して、その後に親の兄弟姉妹が資産がなく借金だけを残して死亡したときが考えられます。
 このような場合は、債務の請求を受けた時から3ヵ月以内に相続放棄の申述をすることが重要です。


次前 目次へ戻る 次後

法律相談 ご質問・ご相談 ごあいさつ 事業案内 事務所紹介
裁判の流れ 弁護士の料金表 稲井法律事務所報「はまゆう」

トップページ サイトマップ 当ホームページについて リンク

稲井法律事務所 (稲井孝之法律事務所)
東京弁護士会所属 弁護士 稲井孝之(いない たかゆき)
〒102-0074 東京都千代田区九段南4-8-30 アルス市ヶ谷401号室
TEL 03-3239-4257 / FAX 03-3239-0268
http://inailo.la.coocan.jp/
Copyright(C)Inai Law Office 2000-2009 All rights reserved.