弁護士 法律相談 法律問題解決 ‖ 稲井法律事務所(弁護士事務所) ‖東京都千代田区

「トップページ」
「はまゆう」目次へ戻ります 「はまゆう」は当法律事務所の事務所報です。
当ホームページに「はまゆう」より全部または一部抜粋しました。

発行人 稲井孝之法律事務所
〒102-0074東京都千代田区九段南4丁目8番30号アルス市ヶ谷4階401号室
TEL(03)3239-4257 FAX(03)3239-0268


法律相談
親身になって相談にのります
法律相談
問題の核心をつかみます
法律相談
スピーディな解決を
目指します
※個々の事案により、背景事情が異なるため、法律の適用にあたっては十分注意する必要があります。
次後目次へ戻る 次後
 題 名 発行時期
相続放棄 H24.7
Q 父が亡くなりましたが、借金がかなりあったようです。相続人は母と兄と私ですが、相続をしないで済む方法はありますか?
A 借金は、原則として、相続開始と同時に各相続人の相続分の割合に応じて当然に分割承継されることになります。
 お父さんに預貯金や不動産等のプラスの財産が全くないか、あっても明らかに借金の額の方が大きいときは、相続放棄をするのが良いでしょう。
 相続放棄により、その者はその相続に関し、初めから相続人とならなかったことになります。
Q 相続放棄は、具体的にはどうすればよいのですか?
A 自分のために相続の開始があったことを知った時から3ヵ月以内(これを「熟慮期間」と言います)に、相続人の生前の居住地を管轄する家庭裁判所に「相続放棄申述書」を提出して行います。
Q 相続放棄は、母や兄と一緒に行わなければならないのですか?
A 共同相続人全員で行う必要はなく、1人でも行うことができます。
Q 熟慮期間中に気をつけることはありますか?
A 重要なのは、遺産を正確に調査して、プラスの財産と借金等のマイナスの財産がどれくらいあるかを見極めることです。
 熟慮期間中に相続財産の全部または一部を処分してしまうと、相続人が被相続人の権利義務を全面的に承継することを承認した(これを「単純承認」と言います)とみなされてしまいますので注意が必要です。
Q 熟慮期間が過ぎてから、父に借金やその他の債務があったことが判明した場合には、もう相続放棄はできないのですか?
A 最高裁判所の判決は「熟慮期間中に相続放棄できなかった理由が、相続財産が全く存在しないと信じたためで、そう信じる相当な理由がある場合には、熟慮期間は、相続人が相続財産の全部若しくは一部の存在を認識した時又は通常これを認識しうべかりし時から起算するのが相当である。」と判断していますので、相続放棄をすることが認められる余地があります。
 借金が判明したら、すぐに弁護士等に相談して下さい。
Q 相続放棄をした場合、私が受取人となっている父の生命保険の保険金は受け取れなくなるのですか?
A 受取人が指定されている保険金の請求権は、受取人が固有の権利として取得しますので、相続財産に含まれません。
 従って、相談者は保険金を受け取ることができます。
 受給者の決まっている遺族給付や死亡退職金についても同様です。
次後目次へ戻る 次後

法律相談 ご質問・ご相談 ごあいさつ 事業案内 事務所紹介
裁判の流れ 弁護士の料金表 稲井法律事務所報「はまゆう」

トップページ サイトマップ 当ホームページについて リンク

稲井法律事務所 (稲井孝之法律事務所)
東京弁護士会所属 弁護士 稲井孝之(いない たかゆき)
〒102-0074 東京都千代田区九段南4-8-30 アルス市ヶ谷401号室
TEL 03-3239-4257 / FAX 03-3239-0268
http://inailo.la.coocan.jp/
Copyright(C)Inai Law Office 2000-2009 All rights reserved.