弁護士 法律相談 法律問題解決 ‖ 稲井法律事務所(弁護士事務所) ‖東京都千代田区

「トップページ」
「はまゆう」目次へ戻ります 「はまゆう」は当法律事務所の事務所報です。
当ホームページに「はまゆう」より全部または一部抜粋しました。

発行人 稲井孝之法律事務所
〒102-0074東京都千代田区九段南4丁目8番30号アルス市ヶ谷4階401号室
TEL(03)3239-4257 FAX(03)3239-0268


法律相談
親身になって相談にのります
法律相談
問題の核心をつかみます
法律相談
スピーディな解決を
目指します
※個々の事案により、背景事情が異なるため、法律の適用にあたっては十分注意する必要があります。
目次へ戻る 次後
 題 名

トラブルを引きずらないために

 古今東西、人間社会にトラブルは付き物である。
 人間に一番近いと言われる猿は、ボス猿を中心にコミュニティを形成しているようだが、言語を有しないので、怒声を発して険悪な様相をみせていても、それをトラブっているとは言わないだろう。けんかが始まりそうだぐらいの程度のものでしかない。
 人間社会では、言語を駆使することによってコミュニケーションを図ることができるので、発言者の考え方に同調するかどうか選択することができる。
 とはいえ、考え方を異にすることと、利害得失が起きることとは明らかに違う。考え方を異にする場合でも、根幹部分は同じで枝葉部分において違ってくることもあろう。これに対して、根幹部分から相容れないこともあろう。
 前者の場合は、根幹部分で共通項があるから、どのような経緯で、枝葉部分において違ってくるに至ったのかを分析すれば、違いの様相が見えてくる。これに対して、後者の場合は、当初より別異のものとして、認識することになる。
 人間は一人では生きていけないので、人間の持つ社会性という共通項の基盤に立って物事を考え、生活を営んでいる。だから、大人同士トラブルを避けることは、人間の叡智を結集すればできなくはない。
 ところが、利害得失が起きるのは、考え方のいかんによって消長をきたすものではない。すなわち、ことの性質上、その場に居合わせたとか、指揮関係にあるとか、その身分関係にあったことから、必然的に、トラブルの渦中に身を置いていることになるからである。
 交通事故の場合は、その場(事故現場)に居合わせたことによるものであり、運送会社に限らず、事業を展開している会社が、その従業員が業務執行中に会社の車を運転して交通事故を引き起こしたときは、その従業員と共に会社もその責任を負う。これは、指揮関係にあることによるのである。
 また、相続が発生して、被相続人の遺産の分け前にあずかれるのは、その身分関係にあったことによるのである。
 もう一つ重要な利害得失は、契約関係に入った場合で、物を売買したとか家をリフォームしてもらったとか等の場合で、物に瑕疵があったとか、リフォーム工事に不具合があったとかがある。代金を支払う側の当事者にとっては、まったく相手方当事者に問題があったことにより、必然的にトラブルに巻き込まれるに至ったといいうるからである。
 これらが紛争解決に資する弁護士等が必要となるゆえんなのである。
目次へ戻る次後

法律相談 ご質問・ご相談 ごあいさつ 事業案内 事務所紹介
裁判の流れ 弁護士の料金表 稲井法律事務所報「はまゆう」

トップページ サイトマップ 当ホームページについて リンク

稲井法律事務所 (稲井孝之法律事務所)
東京弁護士会所属 弁護士 稲井孝之(いない たかゆき)
〒102-0074 東京都千代田区九段南4-8-30 アルス市ヶ谷401号室
TEL 03-3239-4257 / FAX 03-3239-0268
http://inailo.la.coocan.jp/
Copyright(C)Inai Law Office 2000-2009 All rights reserved.